資料請求のススメ。まずは情報集めと思う人は資料請求をしてみよう

気に入った住宅会社を見つけたら、まずは資料を取り寄せて比較検討の材料にしよう。家づくりナビWebサイトでは、いろんな会社の資料を取り寄せることができるので、余計な手間なくスピーディーに家づくりを進められます。

  • 役立つ資料が手に入る資料請求の流れ

    資料請求をリクエストした場合、家づくりナビWebサイトを経由して、読者のみなさまの代行として各社に資料送付の申請をします。カタログをはじめ、最新のイベント情報といった資料は、各メーカー・工務店からお届けします。

    資料請求できる会社を探す

  • 先輩は平均5.2社に資料請求をしている

    家づくりナビWebサイトから家づくりの資料を取り寄せることができるので、情報収集のために積極的に利用しよう。かと言って、やみくもに資料を取り寄せるのも実は考えもの。かえって、迷いが生じたりする場合もあるからだ。そこで「会社概要」や「施工写真」を見て、コンタクトをとってみたいと思えた住宅会社をあらかじめ絞り込んでおき、のちのちの依頼先決定をスムーズに運ぼう。ちなみに家づくりナビ編集部の統計でも、先輩の3ヶ月あたりの資料請求数は、平均5.2社とある程度絞り込んでいることがわかる。

  • 資料請求のメリットとは?

    手軽

    自宅にいながら、
    詳しい情報が得られる

    自宅にいながらでも、気になる会社の資料をまとめて送ってもらえるのが特徴。保存が効き、Webにはない情報や写真が載っていることもあるカタログやパンフレットは、ぜひ手元に置いておきたい。また資料請求しておくと、優先的に住宅イベントの案内を送ってもらえるなど、メリットも大きい。

    効率的

    下見や訪問前に、
    比較検討がしやすい

    「気になる住宅会社のイベントは、全部見よう!」もいいけれど、その前に資料請求をしておいて、依頼する住宅会社を絞り込むと効率が良い。また、実際に下見や訪問する時でも、どんな家づくりをしている会社なのかがより詳しく分かっていた方が、現地スタッフと会った時により具体的な話を進めやすい。

  • 資料請求をすると、しつこく営業されそうで…

    興味のレベルを伝えて、
    適切な対応を求めれば安心!

    熱心な担当者ほど、あなたの想いや、今どんな情報を知りたいのかを聞きたいもの。実際、プロである担当者から得られる情報は、貴重なものも多い。でも、ひとまずじっくりと検討したいのであれば、その事を担当者へときちんと伝えよう。お客の立場になれる人なのか、担当者を見極めるチャンスでもある。

●あわせて読みたいお役立ち情報●

ページのトップに戻る