地価公示

価格判定の基準日 平成28年1月1日

1

地価公示とは?

地価公示法に基づいて、一般の土地取引価格に対する指標となることを目的に、国土交通省の土地鑑定委員が毎年1回公示する標準地(調査地点)の価格のこと。そのため、公示地価以上の価格で売買される土地や、その逆のケースもあるが、周辺の土地価格の状況を知る一つの指標になる。

2

一覧の見方

<用途区分>

住宅地 実際に住居が建っているもしくは、すぐにでも建てられる土地のこと。土地の利用や活用方法を定めた都市計画法では、7つの地域に分けられていて、それぞれの用途地域別で建てられる建物の高さや種類などを定めている。
宅地見込地 現在、農地や採草放牧地、林地として利用されているが、将来的に開発・市街化することが考えられる、宅地化されていない土地のこと。
ページのトップに戻る