覚えておきたい住宅用語集

  • 住宅各部の名称
  • 日本の住まい
  • 設備・建材
  • 間取り図
  • マネー

住宅各部の名称

  • あ
  • か
  • さ
  • た
  • な
  • は
  • ま
  • や
  • ら

あ

【アプローチ】

道路から玄関までの導入部分。

【上がり框(かまち)】

玄関の土間床と廊下、ホールの上がり口とで段差がある日本の住宅。その段差の高い床の見切り部分に取り付ける化粧材のこと。美しい木目の木や大理石、御影石などがよく使われる。

【犬走り】

家の周囲に巡らされた土間スペース。

【ウオークインクローゼット】

人が歩いて入る収納部屋のこと。主に衣類の収納に使われ、作り付けの棚や引出し、ハンガーパイプ等がある。

【オーニング】

窓の上部に取り付けるキャンパス地の布を使った日除けのこと。ロール式に畳まれたものを手動や電動で前面に張出して使用する。


か

【開口部】

窓や出入り口のこと。

【外構】

敷地内の建物周囲の塀、垣根、門扉、舗装、車庫や造園、また排水工事などのこと。エクステリア。

【基礎】

建物の柱、梁などの構造からの荷重を、地盤に伝える構造体。主に布基礎とベタ基礎がある。

【キッチン】

●i型キッチン
施工が簡単で経済的。作業動線は長い。
●アイランドキッチン
大人数での作業に適している。
●ii型キッチン
I型を平行に並べたタイプ。
●L型キッチン
比較的作業動線が短く、スペースもとらない。
●U型キッチン
作業動線は短いが、広いスペースが必要。

【小屋裏】

屋根と下階の天井との間にできる空間。一定の条件を満たせば床面積として加算されず、収納スペースや書斎的なスペースとして活用できる。


さ

【サニタリー】

「衛生的」の意味で、トイレ、浴室、洗面所など水まわりの総称。

【スロープ】

通路の段差を緩やかな勾配でつなげる部分のこと。外部通路や建物内に設ける場合勾配や構造に基準がある。

【スキップフロア】

高さを半階分ずらして設けるフロアのこと。


た

【出窓】

外壁よりも外に突き出た窓。床面積として計上されないためには、突き出た長さや面積など、一定の条件を満たす必要がある。

【ドーマー】

明かり取りのために設けた、屋根から突き出た形状の窓。

【トップライト】

屋根面に設ける採光のための窓。天窓。


な

【ニッチ】

壁のくぼんだ部分で、飾り棚などに使われる。

【軒(のき)】

屋根が外壁より飛び出した部分。


は

【パティオ】

中庭のこと。

【梁(はり)】

天井で横方向に走り、屋根や床を支える構造材。構造的な意味はなくても、デザインとして用いられる梁を「化粧梁」と呼ぶ。

【パントリー】

食品庫。食器やキッチン用品を収納する場合もある。

【ピロティ】

柱の上に建物がある場合、その下に生まれるスペースと、その建物のこと。

【ファサード】

正面から見た家の外観。

【ファブリック】

カーテン、カーペット、ベッドカバーやソファの張り地など、室内で使われる布や織物をまとめた呼称。

【ポーチ】

玄関の突き出た入り口まわりで、天井がついているもの。


ま

【マントルピース】

焚き口の周囲が装飾的な壁で造られた暖炉、または壁に組み込む装飾枠のこと。暖炉の上の飾り棚のこともいう。

【モールディング】

開口部のまわりや壁と天井の境いなどに施される装飾のこと。輸入住宅風の家で多く用いられる手法。


や

【ユーティリティー】

洗濯やアイロンがけなど、家事作業のための道具をまとめた部屋のこと。


ら

【ライトコート】

建物内部に設けられた、光を採り込むための中庭的なスペース。

【ロフト】

屋根裏部屋のこと。最近では、中二階のような居住スペースもロフトと呼ぶ。


  • 住宅各部の名称
  • 日本の住まい
  • 設備・建材
  • 間取り図
  • マネー

●あわせて読みたいお役立ち情報●

ページのトップに戻る