先輩たちの成功談・失敗談から学ぼう! 他では聞けない家づくりのホンネ

サンルームがないばかりに洗濯物に占拠される我が家…

県外から来たので、雨雪の大変さを知らないままマイホームを新築。洗濯物を干すためのサンルームを造らなかったので、冬は部屋が洗濯物でいっぱいです。 (30代・maizoさん)
※雨や雪の多い北陸では、サンルームは必須です。洗濯機とセットでプランすれば、家事の負担も軽減できます。

水まわりをまとめたら家事がぐんと楽に!!?

キッチン、バス、トイレといった水まわりを1カ所に集めました。無駄な移動が減って、家事が楽になりましたよ。(30代・メーメーさん)

子どもが生まれたら3LDKは狭かった…

子どもがいない時に新築しました。3LDKで十分だと思っていましたが、子どもが生まれてみるとやっぱり部屋が足りない!小さくてもいいから1階にもう一部屋造っておけば…と、かなり後悔しました。(30代・トラコさん)

「部屋を広く」とは言ったけど…

土地が狭かったのでなるべく部屋を広く造ってほしいと業者に頼んだら、完成後にクローゼットや押し入れがないことに気づいた!設計の時に一言、教えてほしかった…。 (30代・さっちゃんさん)
※収納をしっかりプランしておかないと、結果として部屋が狭く、使いづらくなります。収納プランは重要です。

開放感たっぷりのフリースペース

2階に広めの踊り場のようなフリースペースを造りました。開放感があるので、広々していて、いい感じです。(30代・maizoさん)

夫婦二人では持て余すほどの空き部屋が…

プライバシー重視で家族一人一部屋のプランで新築したが、入居して間もなく長男が転勤し、続いて娘が嫁いでしまった。結局夫婦二人なら1階だけで事足りてしまい、せっかく造った部屋が余ってしまった。 (50代・ひよこさん)
※子どもが成長した家庭の家づくりでは、ご夫妻の生活が1階で完結するプランにすることが大切です。

ニオイが気にならない独立型キッチン

キッチンは、あえて対面にせずドアで仕切れるようにしました。おかげで台所のニオイが気にならないし、換気扇をかけてもリビングが寒くならないのでよかったです。(40代・プーコさん)

リビング以外に行き場のない私…

個室をほとんど造らなかった我が家。子どもの友達が来たりしてリビングを占拠されると、何もできないことに気づきました。(30代・碧Aoiさん)

家事動線をすべて1階にしたのは正解

洗濯機をサンルームに設置したので、洗濯物を干すのがすごく楽です。また、家事関係や、下着・パジャマを置くスペースを1階にまとめたので、日中2階に上がることなく生活でき、とても助かっています。(20代・ちゃむのママさん)

ベランダがなくて布団が干せない!

布団を干すために、ベランダを設けるべきだった。(30代・あゆマロンさん)

やっぱり必要だった手洗いスペース

方角的に仕方なかったが、玄関からすぐに洗面所に行けるようにしたかった。玄関に手洗いスペースがあってもよかったくらい。(30代・アラレさん)

寒い季節に嬉しいリビング階段

リビングから直接2階に上がる階段を付けました。いったん廊下に出なくていいから寒い季節は特に嬉しいし、熱気が自然と上がるせいか、家中暖かくて快適です。(30代・けんママさん)

ショック!雪でエアコンの室外機がお陀仏に…

できるだけ空間を増やしたかったこともあり、総二階建てにした我が家。秋までは快適だったのですが、冬になると屋根雪がすごい勢いでまっすぐ落ちることが判明!真下あったエアコンの室外機が見事に破壊されました…。(50代・シュガーさん)
※屋根雪がどう落ちるかは注意が必要です。必要に応じて雪止めを多く付けるなどの対策を施すといいでしょう。

吹き抜けのおかげで隣家の影もへっちゃら

隣に家が建つと自然の光が入りにくくなるので、リビングはほどよい大きさの吹き抜けに。とっても明るくて開放感のあるリビングダイニングになって、大満足です。(30代・トラコさん)

子宝に恵まれ過ぎて部屋が足りず…

子どもが予定外に多くできたので、部屋が足りなくて困っています。(30代・さとちんさん)

命がけで荷物を運ぶ恐怖のロフト

収納スペースとしてロフトを設けました。「無駄なく収納できて助かる」と喜んでいましたが、はしごで荷物を運ぶのが命がけです!(40代・プーコさん)

階下の様子がわかるリビング階段は便利

リビング階段と吹き抜けは明るくて開放感があるので、取り入れてよかったです。また、小さい子どもがいますが、子どもをリビングにおいたまま2階に行っても様子が確認しやすいところも、すごく気に入っています。(30代・かおるさん)

せっかくの和室が物置場に…

3階に造った和室。使う頻度が少なく、せっかく造ったのに今ではただの物置場になっています。(20代・usacoさん)

寝室と子ども部屋は鍵付きドアで分離

寝室と子ども部屋の間の壁に鍵付きのドアを付けて、行き来の自由な間取りにしました。子どもが小さい間は面倒が見やすいし、大きくなったら仕切ることができるので、重宝しています。(30代・かずえっこさん)

キッチンまでの遠すぎる道のり

休日のまとめ買いが定番の我が家。スーパーで大量の食材を購入して帰宅すると、車庫から玄関、さらに長い廊下を通ってようやくキッチンへ。これがかなりの重労働!車庫の近くにキッチン直通の勝手口を造ればよかった…。(30代・おっちさん)

仕切られることなく放置されたフリースペース

後で自由に仕切るつもりで設計したフリールーム。ところが、いざ住み始めると仕切るのが面倒になり、結局そのままに…。こんなことなら、最初から仕切っておけばよかった。 (40代・ちほりんさん)
※可動式の収納を使う手もあります。必要に応じて空間を仕切ったり、つなげたりが可能で、柔軟性が高まります。

●あわせて読みたいお役立ち情報●

ページのトップに戻る