間取り・プランニング

新居でどのような暮らしを送りたいのか、家族でしっかりと話し合い、焦らずに検討していきましょう。

毎日の暮らしを振り返ってストレスのない動線を

間取りを考える時、部屋数を優先して決めていないだろうか? 部屋数が多ければ、それだけ暮らしも快適になる、というわけではない。同じ床面積で比較すると、細々と仕切らない家の方が一部屋を広くとれるので、ずっとゆとりを感じられるはず。例えばLDKというスタイルも、一部屋化することでゆったりとした空間に感じられるうえ、子どもが宿題をしたり、夫が趣味を楽しんだりと様々な過ごし方が可能。よって、家族が集いやすくなる。  プランニングはこうした「空間利用」の他に、「動線」や「収納」にも配慮しよう。共働き家族が増えていることもあり、家事効率を高める動線は重要。普段の生活リズムや家事の仕方などをイメージしながら、使い勝手のいい動線をつくろう。

  1. ①LDKの形態

    コンクリートの基礎の上に土台を固定し、その上に柱や梁などを組み合わせて骨組みを構成。そこに壁・床・屋根などを付主流は、リビング・キッチン・ダイニングを1つの空間に取り込んだ「LDK」。窓をたくさんとる、リビング階段、オープンキッチン等々、リビングは夢が広がる場所でもあり、家具の置き場所、冷暖房効率、調理時のニオイなど、暮らし心地に直結する所でもあるが、後悔しないためにもオープンにすることによるメリット・デメリットを知っておこう。最近では単にワンルームにするのではなく、急な来客でも生活感を感じさせない、リビングとつながりながらも半独立のキッチンルームをつくったり、限られた敷地の中でも開放感を高める「中庭」を設けるケースも増えている。

  2. ②家事動線

    スムーズな家事動線をつくる基本は、水まわりを集中させること。バス、サンルーム、サニタリー、そしてキッチンと、一直線上に配置するのもよくあるケース。また、一方通行ではなく、廊下などを介して二方向から水まわりに行けるようにしておけば、朝の慌ただしさから解消されるはず。「家づくりナビ」では、実際に家を建てた先輩達の実例を多く紹介している。間取りも多く掲載しているので、家事動線の参考にじっくりとチェックしてみてはどうだろうか。

  3. ③子ども室

    子ども室は子どもが休んだり、勉強をしたりする場所なので、それほど広さは必要ない。むしろコンパクトにまとまっていた方が、落ち着けることもある。ここは割り切って広さを小さめにとり、その分家族が集う空間を充実させることも一つの方法だ。ただ、収納場所もないほど小さくなってしまう場合は、ロフトの設置がオススメ。また子どもが何人かいる場合は、小さいうちは共用の部屋として設けておき、高学年になったら小さく仕切って個室にするといいだろう。最初からそのことを計算にいれ、ドアを2カ所に設けるなどしておくと、改装時に工事の手間とコストを抑えられる。

  4. ④コンセント

    コンセントの位置や数は、暮らしやすさを大きく左右するばかりか、見た目の問題をも左右する。現代生活では、使用する電化製品の数が増えているので、コンセントは必ず多めに設けておこう。特にキッチンまわりは、最低5口は必要。個室でも一部屋二口が目安。設置場所は必ず対角線上として、後々模様替えをしやすいようにするのが理想的だ。一方ネット社会であることも考え、ネット環境の整備も重要。特にテレビやゲームなど、家電製品のデジタル化が進んでおり、ネットレンタルなどの対象サービスも増えている。新築を機に、あらかじめ宅内にLANを配線しておき、各部屋にLANコンセントを設置しておくと便利。

  5. ⑤収納計画

    収納は、「多ければ多いほどいい」というわけではない。当然だが、物や用途によって使いやすい収納を設けよう。例えば、よく使うものは、分散収納してすぐ手が届く場所に、季節物などあまり出し入れしないものは、納戸などに集中収納するなどが一般的だ。また、しまってある物の出し入れのしやすさも大切なポイント。出し入れのしやすさは、イコール収納のしやすさ。「取り出す」「引き出す」「引き下ろす」そして「飾る」といったことを組み合わせて、利用しやすい収納方法を考えよう。「しまう」のではなく、「使う」が収納の基本。下図は、使用頻度にあわせた収納の高さの目安。ぜひ参考に。

    収納のポイント

●あわせて読みたいお役立ち情報●

ページのトップに戻る