住宅性能

住まいの性能は日々、アップしています。ここでは知っておきたい住宅性能表示などについて紹介します。

良いものをつくり、長く使う長期優良住宅とは?

長期優良住宅とは、長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅のこと。2009年6月に施行された「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」により、これまで30年スパンで建て替えられてきた日本の住宅の在り方を見直し、長寿命化し、定期的に点検・修繕し、履歴情報を残して流通させることで、環境負荷を減らし、国民の住宅への費用負担を軽減させるというシナリオだ。そのための認定基準が定められており、その基準をクリアして初めて「長期優良住宅」と呼べるように。その認定基準には、耐震性や防腐・防蟻対策など構造躯体の耐久性はもちろんのこと、家族やライフスタイルの変更に応じて間取りが変えられる可変性、維持管理の容易性、環境への配慮などが盛り込まれている。

住宅性能評価項目一覧表

●あわせて読みたいお役立ち情報●

ページのトップに戻る